ページコンテンツへ

お見合いしたくなるお子様のプロフィール例

お見合いしたくなるお子様のプロフィール例

お子様のご結婚を考えての代理お見合い。
時間の限られた中で、お子様のことをより詳しく知っていただくための資料としてプロフィールカードがございます。
そのカードの中に、短い文章でお子様のことをどれだけアピール出来るかが、お見合いへ繋がるポイントとなります。プロフィールを読んでお見合いしたくなるような書き方をご紹介します。


具体的な情報を

まずは、お子様のことを知っていただきましょう。
現在の職業や年収、趣味、身長・体型など、出来るだけ具体的に表記します。相手の方に、人物像を想像して頂けるくらい細かい方が良いでしょう。具体的に表記することに対して抵抗を感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、いずれ結婚を考えるならば大切な条件となる場合も有ります。
特に年収など、抵抗を感じる方は「年収●●●万円程度」など表現を濁して書きましょう。空欄にすることで相手に不安感や不信感を与えることもありますので、出来るだけ表記する事が大切です。


等身大に

等身大に

自分のお子様を良く見せたいばかりに、大げさな表現をする事は避けましょう。実際にお見合いをした時に、「想像と全く違う」とか「話が違う」などのトラブルになってしまう事や、お子様が恥ずかしい思いをして、その後の婚活に影響が出てしまう事も考えられます。長所は長所として、等身大に表記しましょう。また、ちょっとした短所を書くことも大切です。
完璧な部分だけ見せてしまうと、「気の抜けない方」だと思われる事もあります。その場が和むようなちょっとした短所は、相手の方にも親近感を持って頂くための大切なポイントです。
結婚歴なども正直に書きましょう。子どもの有無なども、結婚する時の条件として大切です。再婚に対して否定的に考える方も多いですが、結婚の経験者を望む方もいらっしゃいます。
ご自身が考えるマイナス面と、相手の方の考えるマイナス面が違う場合も多々あるものです。正直に等身大のお子様を知ってもらう事が大切です。


休日の過ごし方

趣味や特技などを表記する事で、お子様の人柄を表します。
特に、趣味は休日の過ごし方を左右しますので大切なポイントです。結婚を必要としていないお子様が増えている中、趣味の時間は人に邪魔をされたくない大切な時間でもあります。ですから、結婚相手にその時間を共有出来る事を期待する場合も多くあります。ご両親にとって弊害と思われる場合でも、お子様にとっては大切な時間となりますので、考慮して表記しましょう。
また、趣味を楽しんでいる所や作品の写真など、様子が分かる具体的な資料があるとより効果的です。お子様が趣味を楽しんでいる素敵な様子は、相手の方に好印象を与えます。


具体例

男性・女性、それぞれのプロフィールカードの記入例をご紹介致します。


●男性編
男性編
●女性編
女性編

クリックで拡大


婚活事情
  • ブライダル情報センター
  • エクシオ
  • 合コンするならステラ
  • お見合いバス.com
  • エクセレントパーティークラブ
  • 代理お見合いとは?
  • お申込み方法
  • 料金と相談会の流れ
  • 本人同士のお見合い

開催地検索

独身の親御様向けお見合いパーティーのご案内
ブライダル情報センター親御様向け無料個別説明会のご案内
プライバシーマーク

ページのトップへ